そら・ソラ・sora♪
超びびりのミニチュアスムースダックス【そら】と家族の日常
スポンサーサイト
-------- (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物愛護ボランティア
2013-10-11 (金) 22:32 | 編集
いつかワンコのプチホテル等をやれたらなぁと、

ペットのあれこれを勉強中の私。

あちこちの講習やら実習やら見つけては、

予定と予算が許す限り、申し込んで足を運んでおります。


定年して、動物に関わる仕事をしたいシニア世代から

現役の専門学校生、大学生まで、

どこの講習も、参加者は年齢も出身地も様々です。



その中で、何人かの

動物愛護ボランティアに携わる人に会えました。


↓こちらは、先日までシッターの講習を一緒に受けていた、みかんこさんのブログ
富士山麓日記


山中湖で保護犬ボランティア活動をしています(^^)


↓こちらが、その犬保護団体「ラブアニマル」さんのブログです
山中湖ワンにゃん倶楽部

土地柄か、保護犬は大きな子が多いです。みんな幸せになってほしい。


みかんこさんは、とても勉強熱心でパワフルなお方(^_^)

折角仲良くなったので、

何かお手伝いできたらと思っているんすが、

車の免許が無い私には、山中湖は孤島も同然…( ̄д ̄;)←結局役立たず。


私は子供の頃から、ワンコもニャンコはじめ、

ウサギ、モルモット、チャボ、アヒル、亀、インコなどなど…(←とても挙げきれない)

動物だらけの家で育ちましたが、

結婚して実家を出てそらを迎えて、

ネット等の交流でお友達が出来るまで、

恥ずかしながら、そういう【裏の現実】には疎い人でした。





いや、我が家に来た子のほとんどは捨て犬や捨て猫だったわけで、

単にその裏の闇に目を向ける事をしなかったのかも。


それらを知るようになって、

そらをショップから迎えた事に、罪悪感を覚えた時期もありました(´;ω;`)


でも、そらは実は引渡し直前の健康診断で

『一年後くらいに鼠径ヘルニアの手術が必要かも』と言われた仔。

結局危惧されたその病気は出なかったんですが、

多分、他の仔より【売れ残り】になる確率が高かったと思うのです。


そらは我が家の大切な家族。

今はそらを【救い出せた】と考えるようにしています。





↓こちらは、ニャンコのお世話を教わったシッターさんから紹介されました。
ARK (ANIMAL REFUGE KANSAI)


ここは大きいので、知っている方も多いかも?

関西が拠点ですが、東京にも支部(?)があるようです。

↓会報などをいただきました。





他にも、一時預かりボランティアをしている人、

パピーウォーカーを経験した人、

ペットショップでバイトをした学生さん、

ブリーダーの下で働いていた人など…

講習会には色々な人がいて、いい話も辛い話も聞けました。


全国には大小様々な動物愛護団体はたくさん。

我が家の散歩コースの河川敷でも

愛護団体の里親探し等のイベントがあるので、

足を運んでみようと思っています。


我が家は現状、里親にはなれないので、

せめてグッズ購入などで協力するつもり。





まだまだ知らないことも沢山あると思うし、

出会った皆さんみたいには出来ないかもしれないけど、

自分に出来る事をしていきたいと思います。


<にほんブログ村ランキングにユルっと参加中★>
↓ポチっと一票お願いします♪(^▽^)
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。