そら・ソラ・sora♪
超びびりのミニチュアスムースダックス【そら】と家族の日常
スポンサーサイト
-------- (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
免疫介在性関節炎
2013-09-21 (土) 02:46 | 編集
今回はちょっと長くてヘビーな話。

こんな予定じゃなかったんだけどゴメンね。


9月20日、そらが


免疫介在性関節炎


と診断された。



思えば朝から元気が無かった。

おはようの笑顔が無かった。





いつも早食いのそらが、妙にゆっくり食べていた。

身体もちょっと熱いような…?


一応完食してるし、下痢でもないし…。


『疲れてるのかなぁ?』


ちょっと引っかかるものを感じつつ、

そらにコングを渡して

自分の通院のために家を出た。


診察を終えて、薬を待つ間に昼食を食べ、

薬を貰って急いで家へ。


ところが玄関を開けても、お出迎えが無い。


リビングに入ると、そらは横になったまま、私を見上げた。

ヨロッと立ち上がると、

右前脚を床についてない。


また?


過去記事にも書いたけれど、以前からよくある事で、

病院に行くたびに『異常なし、原因不明』と言われていた。

原因不明という言葉に気持ち悪さを感じるものの、

すぐに普通に歩くようになるので、さほど気にはとめなかった。


ただ、今までこんなに元気がなくなる事は無かった。

大好きなお兄ちゃんが帰って来て、

『おそらさん、どうした⁈』

と頭を撫でても、顔を上げず尻尾も振らない。


これは変だ‼ (>_<)


いつも『異常なし』と言われる今の病院に行くか?

設備も医師も充実した前の病院に行くか?

でも後者は移転してしまって、

車が無いととても行けない。


少し遠いけど何とか行ける距離の、

評判の良い病院に行ってみる事にした。

扉を開けると受付猫が迎えてくれた。





評判がいいだけに、結構な待ち時間。





診察した先生がすぐ『あれ?』という顔をした。

体温もやっぱり高めで、

血液検査とレントゲン検査をする事に。


結果、白血球数値が高い上、

CRP数値(←炎症があると上がるらしい)が、

病院で測れる最高数値【7.0】を振り切って測定不能。正常値は0~0.7。


レントゲンを見ると、骨は正常だけど腫れがある。

そこで関節液をとって細胞検査をする事に。


その結果、タイトルの病名を告げられた。






確定診断は細菌検査の結果待ち。

でもおそらく間違いないだろうと。



【免疫介在性疾患】という言葉は

先日受けた講習で聞いた記憶があった。

『菌がいないのに免疫系が頑張っちゃう病気です』

という講師の説明を『へぇ~』と聞いていた。


まさか同じような説明を、

診察室で聞くことになってしまうとは…。


80-0.jpg



検査したり待ったりしているうちに、

顔まで腫れてきた。


先生がステロイドと抗生剤を注射する。


肝機能の数値も高めだったため、

ステロイドのリスクも告げられた。


免疫抑制するから、もうドッグランに行けないかも?

原っぱのボール遊びも出来なくなるかも?

あんなにボール好きなのに?


昨日まで走りまわっていたのに、

今日はトイレのフチもまたげない。


信じられない現実。


それでも病院から戻ったら

お気に入りのエアリーシェイプに乗りたくて、

必死に脚を上げようとする。

毛布を敷いて乗せてやったら、

安心したようにコテッと眠ってしまった。





具合が悪いのに、たくさん待って検査されて、

そりゃあ疲れたはず。


私はというと、意外と冷静。

最近あれこれ勉強しているせい?

いや、これからドッと来るのか (笑)


まぁそんな事はどうでもよくて、

私はこれからも、そらと楽しく暮らしていく。


我が家の癒し部長はこれからも

みんなをクスっと笑わせる。

それは今までと変わらない。





みなさん今後とも、

そらをよろしくデスよ♪(๑ᴖωᴖ๑)


<にほんブログ村ランキングにユルっと参加中★>
↓ポチっと一票お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
一緒に頑張ろう!
こんにちは。
ツイ見て心配していたんですが、そらちゃん、そういう病気だったんですね。何と申し上げていいか・・・。と言いつつママさんが気丈なので少し安心してます。
けんちゃんも少し前に「ぶどう膜炎」という病気だと分かりました。体質由来の病気なので炎症を抑えて進行を遅らせることは出来るけど治ることは無いんだそうです。
記事を見るとそらちゃんの病気は、炎症を抑えたり免疫抑制したりして、うまくお付き合いしていく治療を行う病気なのかなと推察しております。
もしそうなら一緒に頑張ろう!心配し過ぎないで、頑張り過ぎないように頑張ろう。ねっ!

追伸・・・あ、私も分かった時は冷静だったけど不意に涙出て何回か大々的に泣きました!ママさんも無理しないで泣きたい時は泣くべし!ですよ~。
2013/09/21(土) 09:58:58 | URL | けん茶太のはは #PgtEBqSc[編集]
なんてこと!!!私までドキドキしてしまいます。そらちゃん心配です。1日も早く体調が落ち着くことをお祈りしています。そらちゃんの笑顔は私のことも癒してくれます。
2013/09/21(土) 11:10:28 | URL | hyakuumi #-[編集]
はじめまして
はじめまして
ミニチュアダックスのスムース(レッド)4歳を家族の1員にしているものです。
最近家のこもSLE(全身性エリテマトーデス)と診断され治療をはじめました。
ステロイド系の薬でだいぶ調子は良くなりましたが、腎臓系のデーターがまだ心配です。
どうやればいい状態になるのか、先生も思考錯誤
犬の自己免疫力 頑張ってもらいたいです
そら君もガンバ!!
2013/09/24(火) 21:28:28 | URL | may #-[編集]
けん茶太ママさん
こんにちは。ぶどう膜炎ぐぐったよ。
けんちゃんいつも元気だから、目が悪いなんてわからなかったよ(>_<)

そらもそうだけど、病気になってもワンコは健気。
私達が落ち込んでる場合じゃないよね!

ありがとう!
一緒にのんびり頑張っていこう!\(^∀^)/



2013/09/25(水) 16:42:16 | URL | 内野そらまめ #-[編集]
hyakuumiさん
ありがとうございます。

一生付き合う病気だけど、そらはまだそんなに重くないみたい。
悪くならないようにキープして、うまく付き合っていければなぁと思います(^^)

大切な我が家の癒し部長ですからね♪


2013/09/25(水) 16:47:09 | URL | 内野そらまめ #-[編集]
Mayさま
はじめまして。コメあいがとうございます。
エリテマトーデスなんですね。知らされた時は、ショックだったと思います。
免疫系の病気はダックスには多いみたいですよね。
先生は、ステロイドは諸刃の剣だといいますし、
ちょっとした事でも、薬のせいじゃないかと気になってしまいます。

副作用に負けず、いい調子をキープして
長く一緒に楽しく過ごしていきたいですね。
お互い頑張りましょう!
2013/09/25(水) 17:06:23 | URL | 内野そらまめ #-[編集]
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。